FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
https://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

沖縄雑貨うりずん


琉球ガラス検索
琉球ガラス検索・ナビゲーション


沖縄の島野菜
沖縄の島野菜


旅行前注文で楽々沖縄旅行
沖縄のお土産


沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



赤嶺之殿(あかんみぬとぅん)
赤嶺之殿

表示板より
 赤嶺之殿は『琉球国由来記』にもその名が見えます。赤嶺とつく拝所はこのほか産井(うぶがー)の赤嶺井があり、字、門中、個人に拝まれています。主な祭祀には、正月の初御願、5月15日のウマチー、6月25日のアミシの御願、12月24日のニンシーの御願・トドミの御願があります(いずれも旧暦)。尚布里の移り住む前に赤嶺という有力者が村を支配し、その名が付けられたと推測されますが、その時代はいつかはわかっていません。
南城市教育委員会

赤嶺之殿 拝所 南城市




スポンサーサイト




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

御嶽・拝所 | 20:30:01
トートー石
トートー石

表示板より
 稲の豊作を感謝する6月ウマチー(旧暦6月25日)の「グシクヌブイ(城登り)」の際に、久米島の最高神女である君南風(チンベー)が座する石のことである。

トートー石 具志川城址 久米島
トートー石表示版 具志川城址 久米島
英文表示では「TOTO Rock」。私の大好きなアメリカのバンドみたいな名前です。




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 20:30:01
松尾御嶽(まちゅーうたき)
松尾御嶽

表示板より
 小高い丘の上にあり、石造りのアーチの上に宝珠を頂く風格のある御嶽です。『琉球国由来記』には「松尾ノ嶽」、神名「松尾
森御イベ」と記されていrます。遥拝所といわれますが、どこへの遥拝所なのかはっきりしたことはわかっていません。アーチの中には3段の階段があり、その先は急な下り斜面となっています。アーチ手前には左右に石灯籠がおかれ、右側の灯籠の隣には火ヌ神があります。前面の広場は昔の馬場の一部です。
 松尾御嶽の東側(右手奥)にはナカヌウタキがあります。
南城市教育委員会 平成29年1月

松尾御嶽 南城市大里




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

御嶽・拝所 | 20:30:00
石塘根(いしどーにー)
石塘根

表示板より
 石塘根には次の伝承があります。昔、久米島である年に、長い旱魃が続き、人々が飲み水にも困っているとき、嘉手苅之比屋の飼い牛が縄を切って逃げ出したので、比屋はその後をつけてみると、牛は林の中にある石の塘根から清水を飲んでいました。
 そこで比屋は、「こんな日照りの際にしかも石の塘根から清水がわくとは不思議なことである。ここはきっと神霊のまします所に違いない」と思い、セナイツウシという根神に請うて雨乞いの祈願をさせたところ、たちまち大雨が降り、人々は旱魃の苦しみから救われました。それ以来この地を拝所として崇敬し、雨乞いの祈願所となりました。
 石塘根は現在も水をたたえており、上記の伝承を伴う貴重な遺跡です。

石塘根 久米島の史跡





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

未分類 | 15:38:53
米須城跡
米須城跡

表示板より
 米須グスクは、十三〜十五世紀頃のグスク時代に栄えたグスクです。市内にあるグスクの中でも比較的保存状態が良いグスクです。高さ約3m、幅約1.5〜2mの野面積み石垣が巡らされています。石垣によって二つの郭で仕切られ、一つの郭内には建物跡らしき遺構があって、当時をしのばせます。このグスクにはつぎのような伝承が伝わっています。
 米須按司には美しい奥さんがいた。按司の家来が奥方の美しさにほれ、ついには按司を殺してしまった。悲しんだ奥方に家来が自分の嫁になるようしつこく言ったので、主人を殺したのが家来であることをさとり、仇を討つことにした。「あなたの腕で一抱えする柱で家を造ってくれたら嫁になります。」家来がやっとのことで木を探し「こに木はどうか」と腕を回しているスキに隠し持ったクギを両腕に打ち込み奥方は仇討ちを成し遂げたと云う。
糸満市教育委員会

米須グスク,米須城跡
米須グスク,米須城跡





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 20:30:01
次のページ