FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
https://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

沖縄雑貨うりずん


琉球ガラス検索
琉球ガラス検索・ナビゲーション


沖縄の島野菜
沖縄の島野菜


旅行前注文で楽々沖縄旅行
沖縄のお土産


沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



屋富祖井(やふがー)
屋富祖井

表示版より(原文ママ)
屋富祖井について次のような伝説がある。
昔、大旱魃に会い具志上村。屋富祖村の人々は飲料水の確保に苦しんでいた。ところでたまたま、屋富祖家の犬がずぶ濡れになって山中より出てくるのを人々が見つけ、こんな旱魃に田野にみずのあるわけはないが、どこで浴びたのだろうかと不審に思い、ある日、その犬が山中にわけていく後を追うた、すると、果たせるかな清水がこんこんと湧き出る泉があった。人々は大いに喜び、その周囲の山を切り開き設備を施し通路を設けた。そして、ここより水を汲むようになり、以後いかなる旱魃にも飲料水に苦しむことはなかったと言う。そして、その犬が屋富祖家の所有であることにちなんで、屋富祖井と呼ぶようになった。
 屋富祖井やふすがーは、いつか発音が変わって屋富祖井やふがーと呼ばれるようになった。
 屋富祖井に、現在のような水汲場、洗濯場、家畜浴場等の設備がなされたのは、大正八年(1919)であり、大正十二年(1923)には摂政宮殿下の御成婚を記念して石碑が建立された。
 屋富祖村は、近世琉球時代の初期に、具志上村に合併して村はなくなった。
具志頭村教育委員会

屋富祖井,具志頭の遺構






さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

大川&樋川 | 20:30:01
サバウツガー
サバウツガー 宮古島市指定史跡

表示板より
 直径1.5m,深さ4.5mの石積みの井戸とその周辺地域、それに、井戸までの階段を含めて指定されている。昭和41年8月の簡易水道が敷設されるまで、240年以上も佐良浜の人達の生活用水として活用されてきた井戸で、名前の由来は、池間島から見た地形が鮫(サメ)の口に似ていることからサバウツと名付けられたものと考えられている。井戸を発見したのは、「ミューギ立の金大主」とフッズゥーの松大主」の2人で、サバウツバンタ(バナタ)での野良仕事の合間に、水の音を聞き、発見したと言われているが、潮により、塩辛さがあることから、飲料水としては適していない。
 鍛冶技術や石工技術を知る上からも貴重な史跡である。

サバウツガー
サバウツガー 伊良部島史跡

サバウツガー 伊良部島史跡





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

大川&樋川 | 20:00:01
大川(ウプカー)
大川 宮古島市指定史跡

表示版より
 掘削年代は明らかではないが、『雍正旧記』(1727年)に「大川掘年数不相知暦代二成及大破候、康熈五拾六丁酉年修補牛馬之用水所」と記述されており、康熈56(1717)年に補修工事がなされていることから、18世紀初頭にはすでに大川が存在していたことがうかがわれる。当時の人々の暮らしにとって、牛馬は重要な労働力であった。数多く存在する井泉のなかで、牛馬専用を目的としたものは極めて稀である。
戦後、水道の普及や牛馬飼育の激減により、大川を利用することがなくなり何時しか土砂に埋もれてしまった大川を、2004(平成16)年10月、文化財総合整備事業の一環として発掘し、約50年ぶりに全体の様相を市民へ伝える事ができるようになった。

大川
大川 宮古島市史跡





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

大川&樋川 | 15:00:01
大和井(やまとがー)
大和井 国指定史跡

表示版より
 平良市街の東北に位置する泉(洞井)である。『雍正旧記』(1727年)記されている内容から、1720年ごろに積み上げてあり、上り下りの通路には石段が設けられている。伝承によれば、首里王府派遣の在番役人など一部の者のみが使用し、一般の人々には解放されなかったといわれている。かつては泉にいたるまでに2ヶ所の門があって、水守りもいたとの言い伝えがある。南島の人々と水とのかかわり合い、石工技術の見事さを示す石造遺跡として類例のないものである。

大和井
国指定史跡 大和井

国指定史跡 大和井




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

大川&樋川 | 15:31:12
前川樋川(まえかわひーじゃー)と前川民間防空壕
前川樋川と前川民間防空壕

表示版より
 琉球王府の史書である「球陽」(1745年)によると、前川区は1736年に糸数城跡南側の麓から現在地に移動している。この前川樋川も当時の絵図(琉球国惣絵図・1750年頃)にも記載されていることから、当時から住民の生活用水として利用していたと思われる。
 急勾配の石階段は水運びが不便であったため、1932年に南側へ緩やかな道路を造り、水運びが楽になった。当初、樋川は簡易な水溜め程度の施設だったが、1936年に現在の粟石製貯水タンクと女性用の水浴場を建造して、日本本土復帰前(昭和40年代)まで貴重な水源として使われれてきた。
 同樋川を中心とした崖の中腹には、岩盤を掘り込んで築造された民間防空壕が40ヶ所、並んで存在している。
 この民間防空壕は1944年10月10日の南西諸島大空襲(那覇市は9割の家屋が焼失した。)後、米軍の沖縄上陸が濃厚となったため、字民が2・3世帯ずつ一組になり避難壕として建設したものである。壕入口の多くはしゃがんで通れるくらいの高さで、広さは約4㎡。隣り合う壕が内部で連結するという構造になっている。字前川近くに米軍が進行してきた際には、多くの住民がこの壕や南部具志頭方面に避難した。なお、この壕では4ヶ所で集団死が起こっており、20人余が死亡している。
 旧玉城村内には自然洞穴を利用した防空壕は多いが、このようにまとまって掘られた民間防空壕はここだけである。

※防空壕の写真は撮影しておりません。

前川樋川
前川樋川,樋川,沖縄,史跡

前川樋川,樋川,沖縄,史跡




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

大川&樋川 | 18:28:06
次のページ

FC2Ad